スペイン・ガリシア地方の田舎を楽しむ -田舎風ホテルに滞在してガリシア伝統料理を楽しむ

スペインでは、ここ数年、特に、「田舎・郊外の観光 “Turismo Rural”」が人気です。 街中の豪華なホテルに泊まり、文化イベント、映画、ショッピングなどを楽しむ のも休暇を過ごす方法のひとつですが、心身ともにリフレッシュしたい方には、この「田舎・郊外の観光 “Turismo Rural”」は特にお勧めです。北西部のガリシア州にも、数多くの田舎風ホテルがあり、その多くの施設では、ガリシアの伝統料理が楽しめます。

ガリシアの田舎の風景(写真:Angel Touron)

サンティアゴ・デ・コンポステーラから35キロほどのO Pinoという場所にある 田舎風ホテル”O Muiño de Pena” は、「サンティアゴ巡礼の道」のルートに沿っており、豊かな自然の中で、ゆったりとした滞在と美味しい料理が楽しめます。 “O Muiño de Pena”のサイトhttp://www.omuinodepena.com

田舎風ホテルO Muiño de Pena(写真:塩澤 恵)

川沿いを散歩すると、町の喧騒を忘れます。

O Muiño de Pena のレストラン(写真:塩澤 恵)

レストランは、ガリシアの典型的な石造りを生かしながらも、明るい色調で統一され、居心地の良いスペースになっています。

O Muiño de Pena
O Muiños de Pena の料理 - 鴨のハム入りサラダ(写真:塩澤 恵)
O Muiños de Penaの料理-ガリシア産牛サーロインステーキ(写真:塩澤 恵)

典型的なガリシア料理に、さらに、ひと工夫加えた料理は、地中海風であったり、スペイン内陸のレシピがミックスされていたりします。 ご覧の通り、サーロイン・ステーキは、炭火で表面をカリッと焼き、中はレアでジューシー。 (量は、日本の2倍以上あるでしょうか。ガリシアでは、250g以下のステーキとかはほとんどありません。300g, 400g から500gが「普通の一人前の量」です…)