スペイン中のワインが集まるフェアFENAVIN     ガリシア産アルバリ―ニョ「Mar de Envero」も参加

数あるヨーロッパのワイン・フェアの中でも、スペインでは、シウダ・レアル(Ciudad Real)で開催される「FENAVIN」(2011年は5月10日~12日)というワイン・フェアが有名です。スペインのあらゆる原産地のワインやへレス(シェリー)、カバ(スパークリング・ワイン)などが所狭しと並び、その味と香りをバイヤーの方たちにアピールします。

ガリシアの有名な原産地リアス・バイシャス産のアルバリ―ニョの中でも、ボトルの外見と中身もエレガントなワイン、という評価を得ている「Mar de Envero」も出展し、フェアを訪れていた日本人インポーターの方たちにも紹介されました。

中世の昔、ドイツのライン河湖畔からある修道士によって、スペインの西北端にあるガリシア州にもたらされ、その後、大西洋一帯で栽培されるようになったという白ワイン用ぶどう「アルバリ―ニョ」(Albariño)

長く持続する柑橘系の芳香を放ち、魚介類と非常に良く合う、酸味を含んだ爽やかさが特徴です。

右は、スペイン、ガリシア州原産地リアス・バイシャス産白ワイン “Mar de Envero”「マル・デ・エンベロ」の日本市場向けイメージ。

下の写真は「マル・デ・エンベロ」のスタンド。取締役のブレイショ・レイモンデス氏(真ん中)とワイン醸造家のミゲール・モレイラ氏は、はるばる大阪からいらっしゃった「かめいあんじゅ」の中田社長(左)と、「カリテ・エ・プリ」の衣笠社長(右から2番目)にテイスティングして頂きました。

————————————————————————-

スペインのワインフェア「FENAVIN 」(SPAIN, Ciudad Realにて開催) の公式サイト:

http://www.fenavin.com

次回開催予定:2013年5月7日から9日(詳細は上記サイトをご確認下さい)

————————————————————————–