現代に甦る中世ヨーロッパ芸術「タペストリー」の魅力  ガリシアの芸術家が織り成す美の世界

最近では、あまり「タペストリー」という織物芸術を目にする機会がないかと思います。

中世以来、ヨーロッパで非常に盛んだったこの「タペストリー」も、最近では制作する人が少な <a href=”http://www.braindumpsure.com/C2180-274.html”>C2180-274</a>  922-102 くなってきたこともあり、もともとのその芸術的価値に加え、希少価値が高まっています。

スペイン、ガリシア州のア・コルーニャ市に、古典のモチーフだけでなく、現代的なデザインも取り入れた斬新な作品を生み出している「タペストリー」の制作家がいます。

ホセフィーナ・セデス(Josefina Sedes)とシャビエル・ロドリゲス(Xabier Rodríguez)とい 310-231 うアーチストが、「タピセス・ガリシア」(Tapices Galicia)というアトリエでその制作活動を行なっています。

ホセフィーナとシャビエルは、幼少より絵画などの芸術全般に非常に興味を持ち、それぞれ勉強していましたが、その後、タペストリーの持つ独特な美しさに魅入られ、その技術の習得とデザインの勉強を始めました。そし <a href=”http://www.braindumpsure.com/C4040-226.html”>C4040-226</a> て、1985年からタペストリーの制作活動を本格的に始め、「芸術的に高い価値があり、技術面でも最高の作品」を作ることをモットーとしています。

今では、彼らの作品は、商業的に販売されるだけでなく、州政府や自治体、学校などの公共の建物にも飾られるようになり、スペインはもとより、ヨーロッパでも知られるようになってきました。また、タペストリーの技術を次の世代に引き継ぐため、コースを設け、積極的にその指導に励んでいます。

デザインは、中世タペストリーに多い宗教的テーマから、ガリシアやスペインに関係するテーマ、あるいは抽象的なものなど、実にさまざまなものがあり、また、注文によるデザインも行なっているそうです。

 mce_href=peirao-Xabier2″ src=”http://shigotoyagalicia.com/wp-content/uploads/2011/04/no-peirao-Xabier2-224×300.gif” alt=”” width=”269″ height=”360″ />

油絵や水彩画などとはかなり趣の違うタペストリー。さらにご覧になりたい方は、以下のサイトをご覧下さい。

Tapices Galicia :

http://www.artelista.com/autor/tapices-galicia-5317215417045791/list.html

———————————————————————————————————————————–