スペイン、サンティアゴ・デ・コンポステーラから   「日本、頑張って!」

p>

jameshallison casino title=”concerto pra xapon-cartel en gallego” src=”http://shigotoyagalicia.com/wp-content/uploads/2011/03/concerto-pra-xapon-cartel-en-gallego-225×300.jpg” alt=”” width=”350″ height=”468″ />

日本の皆さん、スペイン、ガリシア州の州都サンティアゴ・デ・コンポステーラから、今回の東日本大震災、そして、その後の津波や原発などの災害に対し、心からお見舞い申し上げます。

そして、大変厳しい状況の中での生活に耐えている東北の方たちに、一刻も早く復興の兆しが見えて、少しでも快適な環境に戻れることを祈っています。

私の住むサンティアゴ・デ・コンポステーラでは、3月18日に、市長のショセ・サンチェス・ブガジョ氏のイニシアティブで、「追悼及び応援集会」というものを開いて下さいました。その他、市の理事たちの他、サンティアゴ市観光局、パラドール”Parador Hostal Reyes Católicos” のスタッフや、ホテル業協会、マスコミや地元の小学生たちも来てくれました。

聖ヤコブの安置してあるサンティアゴ大聖堂の前、市庁舎のあるオブラドイロ広場にて、正午12時、災害で亡くなった方たちのために1分間の黙祷しました。

その後、私たちガリシア州在住の日本人が、地元ガリシアの人たちの援助や協力にお礼を言い、その後、サンティアゴ在住の日本人音楽家の武部はる奈さん(ピアニスト)と大橋希世子さん(バイオリニスト)が、3月26日(土曜日)に、サンティアゴのパラドールでチャリティーコンサートを開くことを伝えました。

日本の今回の災害は、誰も想像がつかないほど大きなもので、私たち、外国にいる日本人たちは、正直言って何をして良いかわかりません。日本から送られてくる映像を見ると、あまりにも悲惨で呆然とするばかりです。 C2180-274

でも、些細なことでもいいからできることから始めようということで、このチャリティーコンサートが企画されました。ガリシア州の赤十字 “Cruz Vermella” が募金面で協力している他、サンティアゴのパラドールは、250人以上収容できる大きなサロンを無償で提供してくれました。

武部はる奈さんと大橋希世子さんの他に、ガリシアのオーケストラReal Filharmonia de Galiciaのメンバーも何人か協力して、バッハのゴールドベルク変奏曲や、モーツァルトのクラリネット5重奏、そして日本の「春の海」などが演奏される予定です。

—————————————————————————————————————————