ポルト・ムイニョス社 (Porto-Muiños)の製品の紹介  「海藻とオリーブオイル」の新鮮な組合せ!

ポルト・ムイニョス社(Porto-Muiños)は、スペインのガリシア州にある海藻・魚介類保存食品専門の会社です。スペインでは、まだ「海藻」が「食材」として流通していなかった15年以上前、ポルト・ムイニョス社では研究を重ね、1998年に、ガリシアの海岸に生息する海藻を商業化し始めました。最初の数年間は、採れた海藻を乾燥させるか、塩水で保存食に加工していました。現在では、乾燥、塩漬け、フレッシュの瓶詰や缶詰の他、細かい粉末状にしたものも生産しています。

「海藻」が、次第に欧米のレストランや食卓でも食されるようになってきた近年、ポルト・ムイニョス社これらの製品をスペイン国内はもとより、欧米各国に輸出しています。日本への輸出も積極的に考えているので、スペイン・ガリシアならではの斬新なレシピの食品を開発中です。日本のインポーターを募集中ですので、ご興味のある方は、当社Office Shigotoyaの連絡先へ日本語でメール、または直接、ポルト・ムイニョス社(英語可)までメールでご連絡下さい。

E-mail Porto-Muiños: info@portomuinos.com

HP Porto-Muiños :  http://www.portomuinos.com/

ポルト・ムイニョス社の経営者であるアントニオ・ムイニョス氏と奥さんのロサ・ミラスさんは、ガリシア産の海藻をあらゆる面から研究し、食用に適する種類や品質の高いものを厳選することから、食材に加工するまで、絶え間ない努力をし、ここ数年は、スペインでも有名なシェフなどともコラボレーションをしたり、日本料理やアジア料理などを研究して斬新なレシピを開発し、商品化しています。

また、ポルト・ムイニョス社では、海藻だけでなく、ガリシアの海、大西洋が提供する素材を使った新しい商品の開発にも積極的に取り組み、ウニ、アンコウの肝、ムール貝と海藻の組み合わせや、海藻入りの飲み物、海藻入りセモリナ粉のパスタ、海藻でできたジェノバペーストなどの独自の商品を生産するに至っています。(当社のサイトで、順次紹介していきます)

「海藻とオリーブオイルのペースト」

新鮮な海藻とオリーブオイルの斬新な組合せ!

パンにつけたり、カナッペにしたり、またご飯にのせても、海の香りとオリーブオイルが新鮮な美味しさです。

・フレッシュ海藻ペースト(内容量150g)

・黒オリーブ入り海藻ペースト(内容量150g)

・カレー風味の海藻ペースト(内容量150g)

algas pokies online a la aceituna negra” src=”http://shigotoyagalicia.com/wp-content/uploads/2010/10/prod_52_imx_2-de-la-web-Tartar-de-algas-a-la-aceituna-negra.jpg” alt=”” width=”225″ height=”150″ />

海藻とオリーブオイルの組合せってどんな感じ…?

ガリシアの海岸で採れる新鮮な海藻、玉ネギ、ピクルス、ケッパーなどを細かく刻み、スペイン産の高品質で酸味の少ないオリーブオイルと混ぜてあります。3種類の製品の違いは、海藻本来の味を生かしたものの他に、黒オリーブの実や、スパイスの効いたカレー風味の香辛料を加えてあることで、嗜好や料理の内容に合わせてお選び頂けます。日本料理で、酢の物やお味噌汁、煮物などに使う海藻の料理法とは全く違った感触ですが、歯応えの良いシャキシャキ感と、海の香りにさわやかなオリーブオイルはとても良く合います。

食べ方

薄く切ったトーストなどに載せたり、カナッペとして茹で卵やトマトなど他の材料と組み合わせたりすると、海の香りが漂う前菜になります。また、サラダのドレッシングに加えたりしても、ふだんのドレッシングは一味もふた味も違った美味しさになります。また、白身魚や魚介類の料理にソースとして組み合わたり、冷製パスタやライス・サラダのソースとしても新鮮な味が楽しめます。