ガリシア産アルバリ―ニョ種高級白ワイン       Mar de Envero『マル・デ・エンベロ』2009年物

スペインには多くのワインの生産地がありますが、その中で、ガリシア州には次の5つの「ワイン原産地」があります。

●リアス・バイシャスRías Baixas

●リベイロ Ribeiro

●リベイラ・サクラ Ribeira Sacra

●バルデオラスValdeorras

●モンテレイ Monterrei

それぞれの原産地で、独自のブドウを使った赤ワインと白ワインを作っていますが、ガリシアで特に有名なのが、「アルバリ―ニョ種白ワイン」(Albariño)で、主にリアス・バイシャス(Rías Baixas)で作られています。フルーティーな香りと独特な酸味が、魚介類の料理によく合います。

———————————————————————-

アルバリ―ニョ種高級白ワインの産地 リアス・バイシャスから

高貴な白ワイン”Mar de Envero”が生まれました。

「マル・デ・エンベロ」-Mar de Enveroは、このアルバリ―ニョ種白ワインのひとつで、エレガントな黒いワインボトルが目を引きますが、中身もとてもエレガントな白ワインです。2009年には、その美しいボトルとラベルも評価され、「Vinimagデザイン賞」を受賞しました。特別な人にプレゼントしたり、特別な時を過ごすのに最適の白ワインです。

スペイン国内で人気があるため、その生産量の9割が国内で消費されていますが、昨年辺りからアメ pass4sure MB6-502リカやメキシコに輸出を始めました。日本にはまだ出荷されていませんが、日本の業者の方たちでご興味がある場合は、喜んでご相談に応じるとのことです。

ブドウの種類:100%アルバリ―ニョ種(白ワイン)

原産地:スペイン、ガリシア州、リアス・バイシャス

テーブルに出す際の適温:10℃から12度℃

賞味期間:2009年物は、2013年まで(日光を避け風通しの良い場所で保存した場合)。

テイスティング:

色:艶のある麦わらを思い起こさせる色。どこまでも澄み切った金色がかった薄い黄色。

香り:グレープフルーツなどの柑橘類の香り。また、アプリコットなど の果実の種の匂い。

味:口に含むと、酸味を含んだ柑橘系の果物の味が持続する。フルーティーであるが甘くなく、すっきりした味わい。控えめな酸味は、刺身やマリネなどの魚介料理の新鮮な味と食感を引き立てる。

2009年物アルバリーニョ種白ワイン

「Mar de Envero」の分析内容:

アルコール度 . . . . .  12.5%

糖分 . . . . .  2.7(g/l)

pH  . . . . .  3.33

酸味. . . . .  6.77(g/l)

このワインの説明が掲載されているガリシア産グルメ製品のカタログ

「Made in Galicia」(日本語版)はこちら。

http://www.youblisher.com/p/50194-Made-in-Galicia/